便器だらけ!インド・ニューデリーのトイレ博物館に行ってみた


「スラブ国際トイレ博物館」とは

インドのニューデリーには非営利で365日休む事なくひっそりと運営されている「スラブ国際トイレ博物館(The Sulabh International Museum of toilets)」という奇妙な博物館があります。

2014年にはニューヨークタイムズが選ぶ「世界の奇妙な博物館」で3位に選ばれた事でも話題になりました。また欧米向けガイドブック「ロンリープラネット」にも観光地として紹介されていることもあって、じわじわと人気を高めています。

博物館内では過去5000年間にわたるトイレの歴史を紹介しており、実際にトイレを間近で鑑賞することもができます。

「スラブ国際トイレ博物館」に行ってみた!

P1090695

このトイレ博物館はニューデリー中心部からおよそ西15km離れた場所にあります。メトロのウッタムナガールイースト駅からオートリクシャを走らせる事10分、やっと到着です。中心部からのアクセスは良いとは言えません。

P1090645

博物館の門をくぐるとガンジー率いるシュールな像たちがお出迎え。

P1090647

博物館へ向かう途中、整然と並んだトイレ達が姿を現します。

P1090679

もはや見慣れてしまったインド式トイレ。

P1090681

トイレを作るコストが書かれています。2,3万円でトイレが作れてしまうんだから驚きですね。

P1090689

博物館の外に無造作に置かれたトイレ達・・・

P1090683

さっそく中に入ってみましょう!!入り口付近にはなぜかトイレと全然関係ない絵が飾られています。

P1090650

スゴイ!見たこともない多くのトイレ。そして壁にはぎっしりとトイレに関する資料が貼られています。館内は大きい一部屋のみで、あまり広くありません。

どうしても左側の立派な「イス」が気になります…

P1090655何かフタのようなものが付いてますね。まさかこれも・・・・P1090666

トイレなんかーーーい!!!これは果たして「トイレ」なのか「イス」なのか?

そして右側にあった「テーブル」

P1090667

机の下にバケツのようなものが。嫌な予感がします。

P1090668

トイレなんかーーーい!! 机×トイレというインド人もびっくりな発想です。

P1090669

可愛いキャラクター「Pee&Poo」

P1090662

この団体はインド各地に公共トイレを設置する活動をしています。インドのトイレ事情は深刻なもんで、人口の半分以上はトイレを家に持っていないのです。

P1090663

あのタージ・マハルのトイレ設置にも関わったようです。

P1090653

西洋のトイレでしょうか。博物館内にはまだまだトイレがあります。

P1090665

見慣れた洋式のトイレも並んでいます!

P1090660

トイレに関するユーモアあるポスターがたくさん壁に貼られています。そろそろ見渡す限りトイレなので、お腹いっぱいになってきました。

なお博物館には常時スタッフがいるため、無料でのガイドをしてくれます!

【アクセス】
ニューデリーのメトロ駅ウッタムナガールイーストから
オートリクシャで10分程度(片道約Rs60程度

終わりに

ニューデリー付近に住んでいる日本人ですら知らない博物館の紹介でした!ちょっと変わった観光がしたい人にオススメです。昔の家具とトイレの組み合わせには驚かされるばかりでした。

この記事が面白いと思ったら!