【悲報】インドで遺跡の入場料が2倍に値上げ!その意外な理由とは

(写真:値上げに伴い改定のスタンプを押された入場チケット)

 


2016年4月1日よりインドの有名遺跡の入場料が倍に。

インド旅行者にとって、とんでもない悲報が舞い込んできました。2016年4月1日よりインドの有名遺跡の入場料が大幅に値上げしました。インド考古学研究所(ASI)がインド全体の遺跡管理を統括しているため、今回のような一斉値上げが行われました。

タージマハル
インド人 20ルピー(約30円) → 50ルピー(約80円)
外国人 750ルピー(約1200円) → 1000ルピー(約1600円)

インド人と外国人の入場料の差はもはや「インド名物」になっていますが、この差が更に開きました。

32か所の世界遺産の遺跡(エローラ・アジャンタ遺跡、フマユーン廟など)
250ルピー(約400円) → 500ルピー(約800円)
その他の遺跡
100ルピー(約160円)→200ルピー(320円)

※現在のレート Rs 1 =1.6円で計算

大幅な値上げの理由とは?

主に理由は2つあります。
インド考古学研究所(ASI)とインドツアーオペレーター協会(IATO)が対立しています。

理由⑴単純に観光収入を増やしたい

IATOをはじめとした旅行業界は入場料値上げによる観光客の減少を恐れて反対しています。「インドへの旅行客はまだ800万人しかいない。2500万人になってから値上げを行うべきだ。タージハマルはすでに入場者数が減ってきている。」と発言する人も。

理由⑵来場者数多すぎ。遺跡が傷むから殺到しないで!

インド考古学研究所は遺跡を守る立場にあるために、上記の理由を挙げています。彼らはいかに合理的に入場者数を減らすかについて頭を悩ませているそうです(笑)遺跡へ人が殺到する問題を”Human Pollution”とまで表現しています。

終わりに

この大幅な値上げはインド旅行者にとってはかなり痛手です。
だってインドは10ルピーでチャイが飲め、50ルピーでカレーが食べられる国ですから…。

この記事が面白いと思ったら!