インドまとめ

インドの"面白い"を伝えるウェブメディア

【観光情報】アグラ 〜牛丼とタージ・マハルの街〜

agra

アグラってどんな街?

タージ・マハルがあるアグラという街はいたって”普通のインド”の街である。世界有数の観光地なだけに観光客を騙そうとするヤンチャなインドも人多い。タージを鑑賞し終えたら、この街に他の見どころはあまりない。タージに行くためだけに寄る街なのだから…。

「インドと言ったら◯◯でしょ!」おそらくカレーの次にタージ・マハルが登場してくるだろう。最初に述べておくが、タージ・マハルは素晴らしい。年間数百万人の旅行者がこの墓を目当てにインドに渡航していることにも納得する。なんでインド人だけ50ルピーなんだよ!とキレながらも、我々外人さんは入場料1000ルピー(1700円程度)を払って鑑賞する価値がある。

タージマハルは早朝か夕方に観に行くのがベスト。横から太陽に照らされるとタージの美しさは倍増する。写真では伝わらないタージを覆う白い大理石の輝きが本当に素晴らしい

※2016年3月時点・本堂の周りを囲う「ミナレット」と呼ばれる塔が補修工事中です。タージ・マハル目的で渡印する方は気をつけましょう。工事がいつ終わるかはわかりません・・・。


おすすめ度:★★★
(あくまでタージマハルに対しての評価)
人の良さ:☆☆☆☆
居心地の良さ:☆☆☆☆
必要最低観光日数:1日
外国人観光客数:多
日本人観光客数:多

Airtel 3G:快適
※筆者の主観に基づきます。

鉄道アクセス
:ニューデリーから最短3時間程度
Sleeper:160ルピー程度
AC3 Tier:540ルピー程度。

【宿情報】シャンティ・ロッジ

P1010408ルーフトップからタージマハルが見える有名な安宿だ。今回泊まったお部屋は最上階のスイートルーム。綺麗とは言えないが居心地と広さは抜群。
P1010412窓からタージ・マハルが見える。鉄の柵がなぜあるかというと・・・P1030890こいつに部屋を荒らされ大変なことになるからだ。P1030924ルーフトップから朝6:30に撮ったタージはこんな感じ。

料金2人で1泊900ルピー(1500円程度)
宿の評価:★★★

アグラで「牛丼」を食べる!

スクリーンショット 2016-03-28 20.16.53アグラには牛丼が食べられる場所があるという。「ジョニーズ・プレイス」というお店。地球の歩き方にも「牛丼やラーメンが食べられる店」と紹介されていた。

しかしここはインド。牛は神聖なる動物だ。牛肉を所持しているだけで禁固刑なってしまう州もある。

こんな観光地に白昼堂々と牛丼を提供しているブラックな店に足を運んでみた。

スクリーンショット 2016-03-28 20.17.10出てきました。これが牛丼らしい。見た目は牛肉。食感も牛肉。

私「これは本当にビーフなのか?!」

店主「バッファローだ。似てるからいいだろ。」

牛丼ならぬバファッロー丼でありました。

気になるお味は・・・カレーですね。完全に。
ビーフカレーです。牛丼じゃなくて。

アグラはインド人が作る日本風の飲食店が多いので挑戦してみては?

牛丼の評価:★★★

マターブ・バーグの近くの無料スポットで夕日を観る!

taj-mahal-agra(by insight india)

マターブ・バーグはタージをヤムナー川をはさみ反対側から見ることができるという有料スポット。
上の写真がマターブバーグから見たタージ。

しかし入場するときに荷物にいろいろと難癖をつけられ入ることができなかった。
途方にくれた私はトゥクトゥクで同じ道を西に向かって帰ることに。

走り出すこと3分見つけた場所がココ。P1030898夕日に照らされたタージもしっかり見える。
もちろん無料。P1030901みんなオレを撮ってくれ!と言わんばかりのキメ顔をしてくる。
インドで英語が全く通じないのはここが初めてだったかもしれない。
P1030908振り返るとアグラ城と夕日。素晴らしい!

マターブ・バーグに行った人でも地元のインド人で賑わっていて面白いので是非寄ってみてください。

評価:★★★

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top