インドまとめ

インドの"面白い"を伝えるウェブメディア

早稲田松竹にてインド映画の巨匠サタジット・レイ監督特集

1601l
(by 早稲田松竹チラシギャラリー)

早稲田松竹クラシックスvol.108
サタジット・レイ監督特集

名画座のひとつである早稲田松竹にてサタジット・レイ監督の作品がデジタルリマスターで上映されます。

上映期間
2016年 1/30(土)〜2/5(金)
場所
早稲田松竹 →公式サイト
(高田馬場駅から徒歩5分)
上映作品
ビッグ・シティ(原題:MAHANAGAR(1963年 インド 131分)
チャルラータ (原題:CHARULATA)(1964年 インド 119分)
作品詳細

スポンサーリンク

サタジット・レイ監督とは

インド・カルカッタ生まれの映画監督です。
インド映画界の巨匠とされていますが、インドに限らず世界的にも評価が高い映画監督ですね。

三代映画祭受賞歴
『大地のうた』
第9回 カンヌ国際映画祭(1956年)ヒューマン・ドキュメンタリー賞
『遠い雷鳴』
第23回 ベルリン国際映画祭(1973年)金熊賞
『チャルラータ』
第15回 ベルリン国際映画祭(1965年)銀熊賞
『ビッグシティ』
第14回 ベルリン国際映画祭(1964年)銀熊賞
『大河のうた』
第18回 ベネチア国際映画祭(1957年)金獅子賞

日本人でいえば黒澤明のような存在でしょうか。
おふたりのヒューマニズムと普遍性に溢れた作品は今もなお映画ファンを魅了し続けています。
黒澤明は次のような発言をしています。

レイの映画を見た事がないとは、
この世で太陽や月を見た事がないに等しい。
ー 黒澤 明

 こんな発言をされては見ないわけにはいきません。

ぜひ早稲田松竹に足を運んでみてはいかがでしょうか!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top