インドまとめ

インドの"面白い"を伝えるウェブメディア

GoogleもMicrosoftもインド人!世界企業のインド人経営者まとめ

ここ数年立て続けにインド人が名高い世界企業の最高経営責任者(CEO)等に就任して世界を驚かせています。
世界企業のトップに立つインド人経営者をまとめましょう。

Softbank -ニケシュ・アローラ氏(Nikesh Arora)

nikesh-arora1(byGEEMAG)

経歴

1968年生まれ
インド・ガーズィヤーバード出身
バナーラス・ヒンドゥー大学 電気工学々士取得
ボストンカレッジで理学修士号
ノースイースタン大学(MBA,CFA)
ドイツテレコム入社
T-Mobile欧州事業設立、後CMO(代表営業責任者)、取締役
2004年Google入社
Google SVP(シニアバイスプレジデント)兼CBO(チーフビジネスオフィサー)就任
(Googleの事実上No.2となる)
2014年7月米SoftBank Internet and MediaのCEO就任
2015年6月ソフトバンク代表取締役副社長およびヤフー取締役会長就任

SoftbankCEOの孫正義氏によると彼が後継者になることは間違いないそうです。

Google -サンダー・ピチャイ氏(Sundar Pichai)

Sundar-Pichaiby Forbes japan Photo by Justin Sullivan/Getty Images

経歴

1972年生まれ
インド・チェンナイ出身
インド工科大学
スタンフォード大学で理学修士(MS)
ペンシルヴェニア大学で経営学修士(MBA)
マッキンゼー入社
2004年 Google入社
2015年7月 GoogleのCEO就任

彼が卒業したインド工科大学(IIT)は世界最高峰の理系大学と言われています。
マサチューセッツ工科大学(MIT)を蹴ってIITに進む人もいるようです。

Microsoft – サヤト・ナデラ氏(Satya Nadella)

LE WEB PARIS 2013 - CONFERENCES - PLENARY 1 - SATYA NADELLA(by wikipedia)

経歴

1967年生まれ
インド・ハイデラバード出身
マンガロール大学で電気工学学士号取得
シカゴ大学で経営学修士号取得
サン・マイクロシステムズ入社
1992年マイクロソフト入社
2012年2月マイクロソフトCEO就任

歴代MicrosoftのCEOは以下の通りです。

初代:ビル・ゲイツ(アメリカ)
2代:スティーブ・バルマー(アメリカ)
3代:サヤト・ナデラ(インド)

Adobe systems -シャンタヌ・ナラヤン氏(Shantanu Narayen)

AdoMax-05 - Adobe Systems Inc. President and CEO Shantanu Narayen outlines the company's vision, Monday, Nov. 17, 2008, at Adobe's annual MAX conference in San Francisco. The MAX event drew over 5,000 attendees and highlighted technology innovations spanning multiple mediums and screens such as computers, handheld devices and televisions. (Photo for Adobe by Court Mast, Mast Photography, Inc., San Francisco) (www.mastphotography.com)
(by diginomica)

経歴

1967年生まれ
インド・ハイデラバード出身
マンガロール大学で電気工学学士号取得
シカゴ大学で経営学修士号取得
サン・マイクロシステムズ入社
1992年マイクロソフト入社
2012年2月マイクロソフトCEO就任

あのPhotoshopやIllustrator等を開発したコンピュータ・ソフトウェア会社です。

Master card -アジェイ・バンガ氏(Ajay Banga)

BN-GO311_master_P_20150122051642(by wall street journal PHOTO: BLOOMBERG NEWS)

経歴

1960年生まれ
インド・プネ出身
デリー大学で経済学学士取得
インド工科大学(IIT)アーメダバード校卒
1981年ネスレの子会社入社(12年間)
PepciCo入社(2年間)
シティグループ、アジア太平洋操作のCEO就任
2009年マスターカード入社
2010年マスターカードCEO就任

シーク教のトレードマークであるターバンを頭に巻いています。
シーク教とは簡単に言えばイスラム教とヒンドゥー教を混合した宗教です。

PepsiCo -インドラ・ヌーイ(Indra Nooyi)

118(by story pick)

経歴

1955年生まれ
インド・チェンナイ生まれ
マドラス・クリスチャン大学卒
エール大学大学院修士課程修了(MBA)
1994年ペプシコ入社
2001年ペプシコ社長就任
2006年ペプシコCEO就任
2007年ペプシコ会長兼任

ペプシ・コーラやトロピカーナで有名な食品業界第2位の会社です。

ドイツ銀行 -アンシュ・ジェイン氏(Anshu Jain)

Deutsche-Bank-Anshu-Jain(by dealbreaker)

経歴

1963年生まれ
インド・ジャイプル出身
デリー大学レディ・シュリ・ラムカレッジで経済学学士取得
マサチューセッツ工科大学で金融を学ぶ(MBA)
1995年メリルリンチからドイツ銀行に移籍
2012年ドイツ人のユルゲン・フィッチェンとともに共同頭取兼CEO就任

※2015年現在は辞任していますが、ドイツ人以外でCEOに就任したのは彼が初めてでした。

欧州の金融大手ドイツ銀行は7日、共同最高経営責任者(CEO)のユルゲン・フィッチェン氏とアンシュー・ジェイン氏の2人が辞任すると発表した。ドイツ銀行を巡っては顧客との訴訟合戦や組織ぐるみの脱税疑惑といったスキャンダルが相次ぎ、企業イメージが著しく低下していた。4月には個人顧客向けのサービスを縮小する経営合理化策をまとめており、これを機に経営陣を刷新する。(続き→ 日本経済新聞)

NOKIA -ラジーブ・スリ氏(Rajeev Suri)

BN-LI174_nokiac_M_20151118054406(by the wall steet journal)

経歴

1967年生まれ
インド・ニューデリー出身
マニパル工科大学(IndiaMIT)でエンジニアの学士取得
インドとナイジェリアの多国籍企業で働く
1995年 NOKIA入社
2014年 NOKIA CEO就任

ノキアはフィンランドの電気通信機器メーカーです。
日本ではあまり馴染みがないメーカーですが、世界のスマホ業界ではAppleやSAMSUNGと肩を並べる程有名な企業です。

SanDisc -サンジェイ・メロートラ(Sanjay Mehrotra)

Sanjay_Mehrotra-1(by Top news.in)

経歴

1958年生まれ
インド・カーンプル出身
カリフォルニア大学バークレー校で電気工学およびコンピュータサイエンスの学士号と修士号取得
スタンフォード大学院のビジネスエグゼクティブプログラム(SEP)修了
1988年以来サンディスクの共同創設に協力
2011年 サンディスク社長兼CEO就任

日本でもSDカードなどのフラッシュメモリを開発・製造する会社として有名ですね。

終わりに

なぜ名高い世界的な企業のトップにインド人が君臨しているのでしょうか?
それはインド人の教育や性格などが大きく影響しているからです。
大きな理由としては⑴英語力の高さ⑵数学・論理思考能力の高さ⑶多様性に対する寛容さが挙げられます。
見事に日本人とバックボーンが対称的ですね…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top